読むなび!(裏)
【読むなび!】~気分にあわせた本(小説)・DVD(映画)の検索サイト~の裏サイト。ネタバレ有の感想記です。
+読むなび!【連動】

***読みたい小説/観たい映画を
 見つける為のお探しツール***

【読むなび!】サイト内検索
by Google

※お探しのキーワード(作品/著者/役者)を入力⇒採点結果&ネタバレなしのレビューが表示
※レビュー作品650本以上

+最近の記事


**************

読むなび(裏)の書籍一覧へ

読むなび(裏)の映画一覧へ

**************

 

+過去の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

+最新コメント

+最新TB


 ドミノ・ピザ
★DVD観ながらアツアツのピザを!

+カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
DZ(ディーズィー) 著者:小笠原 慧


≪採点(読むなび!参照)≫
合計:79点 http://koroxkoro.web.fc2.com/



≪梗概≫
アメリカ・ペンシルベニア州で、夫婦の冷凍死体が発見された。五歳の息子は行方不明のまま、事件は迷宮入りする。一方、日本では、異常な兆候を示す少女がいた。数年後、恋人を亡くし、重度障害児施設に赴任した女医・志度涼子は、保護室に閉じ込められた少女に出会う。そして、運命の歯車は容赦なく回り始めた―。人類という種が背負った哀しい宿命を、壮大なスケールで描いたヒューマン・ミステリ。第二十回横溝正史賞正賞受賞作。







≪テーマ0:読む前の印象は↓でした≫
全く期待せず・・・なんとなく購入してしまったから・・・本棚で眠っていた作品でした



≪テーマ1:物語の核(トリック、設定他)を語ります!≫
序盤からのスピード感と重厚な物語にビックリ!引き込まれるまま読んでいきました!内容として、最初遺伝子組み換えだの、DNAだのの単語が出てきたときは正直、拒絶反応が出て、読む手が一瞬止まりました・・・が、私の苦手な難しい医学的な言葉、解説文があったにもかかわらず、勢いは衰えませんでした。まるで、ハリウッド映画の一級サスペンスを観ているようで気持ちが高揚していました!もやもやした点(テーマ3&4)もありましたが、興奮できる物語だったことは間違いありません。



≪テーマ2:この場面で、私は泣いた、笑った、驚いた!≫
糸が繋がって、この物語のカラクリがわかって、面白くなってきた場面・・・
↓以下、ネタバレ反転
グエンが石橋に研究のパートナーになることを初めて依頼する場面。グエンがマウスを殺す最善の方法を冷凍と言った時・・・前の夫婦殺害事件の犯人がグエンではないか、そして、行方不明の子どももグエンではないか、と推理。そこから、加速的に面白くなっていきました。



≪テーマ3:気になったポイントにつっこみます!≫
↓以下、ネタバレ反転
終盤の展開での、涼子とグエンの関係が・・・何で石橋にも手をださせなかったのに、あっさりグエンに・・・しかも、その理由も曖昧だし・・・最後に子どもを身ごもったっていうオチへの無理矢理こじつけの気が・・・しかも、そんなにあっさり子どもができるなら、グエンも人殺しする必要も、妹を探す必要もなかったんじゃ・・・その辺だけ、ちょっと腑に落ちない感じ・・・



≪テーマ4:登場人物に関して物申す!≫
↓以下、ネタバレ反転
テーマ3とかぶりますが、全体的に人物面の描写と設定が弱い気がしました・・・例:グエンと沙耶の母について・・・妊娠した状態でよく病院から抜け出せた上に、難民船にのって日本まで・・・ずいぶんと、強い女性です・・・そんな状態でよく妊娠を・・・しかも、普通の女性から別種の生命体が一度に二人も誕生して・・・アメリカ軍の撒いた薬物『オレンジ』の影響?・・・どうも、医学的な言葉に煙に巻かれてしまった感が強くて・・・素直に面白かったと言えないかも



≪テーマ5:書き残したこと・・・≫
ちなみに、私はいつも難しい知識の解説なんかは流し読みしてしまうタイプなので、意外とサクサク読めましたが・・・真面目に全部内容を理解していったら、読むのに苦労するんだろうな・・・
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koroxkoro.blog55.fc2.com/tb.php/73-81ba7d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

浅田次郎「地下鉄(メトロ)に乗って」と小笠原慧「DZ(ディーズィー)」

浅田次郎さんの本はまあまあ読んでいて、結構お気に入り(特にプリズンホテルが)なのですが、昔の本は読んだことがないので新人賞を受賞した本を読んでみました。映画化もするみたいです。地下鉄(メトロ)に乗って作者: 浅田 次郎 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 1997/06 お気楽blog【2006/05/20 21:36】
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。