読むなび!(裏)
【読むなび!】~気分にあわせた本(小説)・DVD(映画)の検索サイト~の裏サイト。ネタバレ有の感想記です。
+読むなび!【連動】

***読みたい小説/観たい映画を
 見つける為のお探しツール***

【読むなび!】サイト内検索
by Google

※お探しのキーワード(作品/著者/役者)を入力⇒採点結果&ネタバレなしのレビューが表示
※レビュー作品650本以上

+最近の記事


**************

読むなび(裏)の書籍一覧へ

読むなび(裏)の映画一覧へ

**************

 

+過去の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

+最新コメント

+最新TB


 ドミノ・ピザ
★DVD観ながらアツアツのピザを!

+カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
陽気なギャングの日常と襲撃 著者:伊坂 幸太郎


≪採点(読むなび!参照)≫
合計:95点 http://koroxkoro.web.fc2.com/



≪梗概≫
『陽気なギャングが地球を回す』待望の新作!
ウソ発見器+体内時計+スリ+演説=………
史上最強の天才強盗4人組が帰って来た!
刃物男、「幻の女」、謎の招待券、殴打事件、そして銀行襲撃の裏には………







≪テーマ0:読む前の印象は↓でした≫
ついに続編が出た!当然、期待感高まります!でも、番外編的内容かな・・・



≪テーマ1:物語の核(トリック、設定他)を語ります!≫
またもや、文句なく楽しませてもらいました!軽快なテンポ、鮮やかなストーリー、読了後の清涼感!この作品も映画化してほしいくらいと感じました(1作目もまだ観てないうちからですが・・・)
↓以下、ネタバレ反転
当初、単なる短編だろうと読んでいた私としては、第二章が始まって以降のいろんな絡みあったストーリーにさすが伊坂作品と感動しておりました。『成瀬が挙動不審になると大ドンデンを企んでいる』の方程式は今回もでしたが、そのことを完全に忘れて読んでいた私はまたもやキレイに騙されました!ラストも、『もしかしてまたグルーシェニカーで閉じ込め?』なんて考えていた私が浅はかでしたと脱帽させられる華麗な終わり方で感動でした!初めから『麻薬で逮捕&響野のバックに詰めて・・・』ネタがでてきて、なにかあるとは気になっていましたが、最後になって『こう使うか!』と叫びたい気分でした。



≪テーマ2:この場面で、私は泣いた、笑った、驚いた!≫
↓以下、ネタバレ反転
ラストの響野と久遠がパニックに陥るシーン。佐藤浩市と松田翔太の動画が頭の中で勝手に再生されたので、とっても臨場感いっぱいに楽しめました。なんかオチがあるというのはわかって読んでいたのですが、二人の掛け合いにハラハラ&柔道着集団に抱えられている二人に笑いっていう感じでした。そして、成瀬が相手にしていたカジノ客と思われる人物=鬼怒川と分かった瞬間はとっても爽快でした!!!



≪テーマ3:気になったポイントにつっこみます!≫
↓以下、ネタバレ反転
短編ラスト:久遠編の終わり方が中度半端じゃん!・・・と思ってたら、お花畑さんの確認のシーンだったのね・・・お花畑さんっていうネーミングも良いですし・・・途中、不満に思っていた私が恥ずかしい・・・伊坂幸太郎作品でそんな結末はないですよね・・・たぶん、作者の意図にまんまと・・・
あと、悔しいから『田中さんに頼り過ぎ!』って言ってみる!(本編で成瀬が自らコメントしていますが・・・)




≪テーマ4:登場人物に関して物申す!≫
改めて読んでみても、銀行強盗中の佐藤浩市の演説が楽しみで仕方ありません!演説の内容は果たしてオリジナル?・・・やっぱり私の中での映画の一番の見所と考えています!・・・あと、『ロマンはどこだ』を聞きたい!



≪テーマ5:書き残したこと・・・≫
続編を読んで、改めて思ったこと。映画も絶対観ます!今回の再度ストーリーを読んだんで、さらに本編を愛着を持って観れそうです!公開初日の明日、早速観にいこうと計画中です!やっぱり、大沢たかおの成瀬&佐藤浩市の演説がとっても観たい!・・・初めは気に入らなかった雪子=鈴木京香もなんかいい気がしてきました!松田翔太もあの軽快なノリの久遠にぴったり&羊と戯れてそうな感じに思えてきました。
スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
この記事に対するコメント
明日は映画に言ってきます^^
はじめましてm(__)m
コメント、TBありがとうございました。
まだ、『日常と襲撃』読み終わっていないので、ネタバレ部分は遠慮させていただきました。
読了後に、また覗かせていただきますね^^
明日は、映画の初日です!早速いってきます☆
私は、佐藤さんがどうしても「違う!!」って言い張ってたんですけど、
この前、小説の前作を読み返していたら、
すっかり響野の声が佐藤さんに変換されていて、自分でびっくりしました^^;
元々、嫌いな俳優さんではないので、響野の見せ場はやはり楽しみですね~♪
私的には、第一報から“ピッタリだ♪”と思ったのは京香さんだけでした~^^;
やっぱり、イメージはいろいろですね。
【2006/05/12 21:49】 URL | pingpong #- [ 編集]


KOROさん、こんにちは。
KOROさんの感想拝見。
大好きな4人組の続編とあって期待が大きすぎたのか、
私にはイマイチでした(苦笑)。
決して、つまらなかった訳ではないんですけどね、、、。
続く第3弾に、早くも期待しているのでした。
この作品も、映画化して欲しいな~と思います。

今頃は、映画館で映画鑑賞されているころでしょうか。
映画の感想、楽しみにしています。
祥子さんが加藤ローサと聞いて固まっちゃったんですが、
彼女はどうでした?私のイメージからすると、若すぎるんですけど。
【2006/05/13 12:08】 URL | 七生子 #EBUSheBA [ 編集]


>pingpongさん
こんばんわ。映画を今日観てきました。想像以上のできでしたよ!役も全員ぴったりでした!是非、ご覧になることをオススメします。
> 七生子さん
こんばんわ。映画の感想は明日書きます。ちなみに、私も観る前まではひいていた加藤ローサの配役・・・文句なし!って感じでした。原作と内容(設定・展開・結末・笑いどころ)が大幅に映画向けに書き換えられていたので、第3作目を観ている気分にもなれましたね。では
【2006/05/13 22:31】 URL | KORO #- [ 編集]


こんばんは。私もようやく読みましたよ。
いやー、期待を裏切らない面白さだったです。なんといっても爽快な読後感が素晴らしい。
私も田中に頼りすぎ…と思いましたがv-14
【2006/05/14 21:45】 URL | ちきちき #- [ 編集]


私マツダくん好きなんです~(笑)。なので久遠が彼なのは全然OK!響野がちょっとちゃらくなってましたけど、それもまたよかったかな~。ただあの「ラブロマンス」な色づけはいるのか、否か(笑)。
【2006/05/23 11:20】 URL | chiekoa #- [ 編集]


>ちきちきさん
『田中に頼りすぎ』作者が自虐的に言っているのがまたいい
>chiekoaさん
あのラブロマンスは・・・お決まり?そう考えると、しょうがないですよね
【2006/05/23 22:31】 URL | KORO #- [ 編集]


KOROさん、こんばんは。
私もテーマ1の部分の“方程式”を忘れていたので、騙されました。
というか、そこまで同じにしないのではと、逆を考えたのですが(笑)。
『田中に頼りすぎ』も笑えました。
【2006/09/22 03:06】 URL | 藍色 #- [ 編集]


>藍色さん
”方程式”は重要ですね!またコノシリーズよみたいですよね!
【2006/09/23 10:35】 URL | KORO #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koroxkoro.blog55.fc2.com/tb.php/65-1e3a329e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

早寝をするセファリック

小生、ここ数日の疲れのためか、昨日はすごく早寝をしてしまいました。 小生はかなりの宵っ張りなので、大体寝るのは深夜の2時くらいです。 それが、昨日はベッドに寝転がって本(『陽気なギャングが地球を回す』の続編の『陽気なギャングの日常と襲撃』です。かなり面白 なつかしのタージマハール【2006/05/12 18:26】

陽気なギャングが地球を巣食う!?

『陽気なギャングが地球を回す』続編、『陽気なギャングの日常と襲撃』発売!!地方は1日遅れなんだよ~ん・・・(T▽T) 順風満帆DAYS【2006/05/12 22:04】

伊坂幸太郎『陽気なギャングの日常と襲撃』

陽気なギャングの日常と襲撃―長編サスペンス伊坂 幸太郎 祥伝社 2006-05売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools人間嘘発見器・成瀬、演説の達人・響野、天才スリ・久遠、正確無比な体内時計の持ち主・雪子。史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラ どこまで行ったらお茶の時間【2006/05/13 10:24】

陽気なギャングの日常と襲撃

陽気なギャングの日常と襲撃―長編サスペンス伊坂 幸太郎 たちばな【2006/05/13 11:46】

陽気なギャングの日常と襲撃 [伊坂幸太郎]

陽気なギャングの日常と襲撃伊坂 幸太郎 祥伝社 2006-05人間嘘発見器・成瀬が遭遇した刃物男騒動と押し込み強盗事件。演説の達人・響野のもとに持ち込まれた「幻の女」の謎。正確無比な“体内時計”の持ち主・雪子の会社の同僚に届いた謎の芝居の招待券の真意。そして天才 + ChiekoaLibrary +【2006/05/23 11:17】

「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎

タイトル:陽気なギャングの日常と襲撃著者  :伊坂幸太郎出版社 :祥伝社ノン・ノベル読書期間:2006/08/22 - 2006/08/23お勧め度:★★★[ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ]人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時 AOCHAN-Blog【2006/09/11 11:29】

陽気なギャングの日常と襲撃、伊坂幸太郎

装幀、カバー写真、カバーモデルは前作と同じ。「小説NON」2004年5月号から2005年6月号の不定期掲載した四短編を長編の第一章として大幅に改稿、第二章以下は書き下ろし。映画化された「陽気なギャングが地球を回す 粋な提案【2006/09/22 02:28】
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。