読むなび!(裏)
【読むなび!】~気分にあわせた本(小説)・DVD(映画)の検索サイト~の裏サイト。ネタバレ有の感想記です。
+読むなび!【連動】

***読みたい小説/観たい映画を
 見つける為のお探しツール***

【読むなび!】サイト内検索
by Google

※お探しのキーワード(作品/著者/役者)を入力⇒採点結果&ネタバレなしのレビューが表示
※レビュー作品650本以上

+最近の記事


**************

読むなび(裏)の書籍一覧へ

読むなび(裏)の映画一覧へ

**************

 

+過去の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

+最新コメント

+最新TB


 ドミノ・ピザ
★DVD観ながらアツアツのピザを!

+カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
愚行録 著者:貫井 徳郎


≪採点(読むなび!参照)≫
合計:66点 http://koroxkoro.web.fc2.com/



≪梗概≫
一家を惨殺した「怪物」はどこに潜んでいたのか? さまざまな証言から浮かび上がる、人間たちの愚行のカタログ。人間という生き物は、こんなにも愚かで、哀しい-。痛烈にして哀切、「慟哭」「プリズム」に続く、第3の衝撃。







≪テーマ0:読む前の印象は↓でした≫
表紙のデザイン含め今度の貫井徳郎作品も期待大!!!




≪テーマ1:物語の核(トリック、設定他)を語ります!≫
期待に及ばずって印象でした。謎はある、解決もする、でも、なんかしっくりこなかったり・・・理由は、まず話が横道に逸れ過ぎな上、被害者を知る人たちが故人に対するコメントを永遠に語っているだけ・・・恩田陸作品『Q&A』『ユージニア』に近いかも・・・前2作品よりは読みやすく人間の愚に触れていて面白かったけれど、いかんせん、一人一人が長くちょっと同じことの繰り返し感がありました・・・肝心のトリックについてですが・・・
↓以下、ネタバレ反転
従来の貫井作品から比べるとインパクトが弱かった。期待していただけにちょっと残念です。ラストで明かされるネタ・・・最初の新聞記事で捕まった妹の面会室での独白、及びルポライターの兄という設定は良いのですが・・・えっ、それだけ?って思っちゃいました。スミマセン
・・・但し、本編とは関係ないことで、ある一点において、すごいビックリしたことがあります。しかも・・・(テーマ2に続く)



≪テーマ2:この場面で、私は泣いた、笑った、驚いた!≫
それは、読了後1日たってふと気付いてもう一度本を開いてみると・・・
↓以下、ネタバレ反転
うわっ!犯人の名前が第一ページに書いてある!『田中光子』!確か、宮村さんのインタビューで『彼女の名前は田中さんと言いました』って書いてある!それまで、鈴木だ岡本だ中山だってありきたりな名前が続いていたんで気がつかなかった!や、ら、れ、た!ラストに+1点!



≪テーマ3:気になったポイントにつっこみます!≫
この物語内での一番の『愚行』って何だろう?・・・私の回答は・・・
↓以下、ネタバレ反転
衝動的に過去の恨みで一家を惨殺した田中光子?・・・誰が父親かわからない子供を産んじゃった田中光子?・・・それとも、拘置所の面会室で兄の宮村殺しをしゃべっちゃった田中光子?



≪テーマ4:登場人物に関して物申す!≫
↓以下、ネタバレ反転
おにいちゃんってどんなひと?・・・本当に単なる不気味なだけの人?・・・最後まで全く人物像が把握できませんでした・・・まあ、それで良いんですが



≪テーマ5:書き残したこと・・・≫
ミステリーとしてではなく、愚かな人間たちの妬み(建前と本音)を覗き見て、自分を今一度見直すには良い作品かも・・・自分にもこんな一面が・・・ハッ!・・・としてしまうかも・・・ある意味、嫉妬録です!
スポンサーサイト

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
この記事に対するコメント

はじめまして、TBありがとうございました。
こういうネタバレ、なかなか良いですね。参考になります。
私は、ここに出てくる人間すべてが愚行をしているのではないかなと、密かに思っております。そして、人間なんて、そんなものだと…。
またお邪魔させていただきますね。では、では。
【2006/04/19 01:14】 URL | uririn #- [ 編集]


こんにちは。
緻密に積み重ねる貫井さんの本領発揮、プラス全編口語体の新しい試みで、読み応えがありました。
新聞記事は末尾に置いた方がインパクトがあったのでは、と思います。
後味悪さは予想以上でした(笑)。
【2006/06/29 18:18】 URL | 藍色 #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koroxkoro.blog55.fc2.com/tb.php/42-1706fe69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『愚行録』貫井徳郎

愚行録貫井 徳郎 2006年 東京創元社★★★★★人生って、どうしてこんなにうまくいかないんだろうね。人間は馬鹿だから、男も女もみんな馬鹿だから、愚かなことばっかりして生きていくものなのかな。東京二十三区内にある、とある閑静な住宅街で起こった、一家四人惨 ほんだらけ【2006/04/19 01:06】

『愚行録』 貫井徳郎

愚行録       著者     貫井徳郎       題名     愚行録       出版社    東京創元社       気持ち悪い度 ★★★★★★★★ ようやく読み終わりました。 [:冷や汗:] 本腰入れて読み始めたら、早かったですけど。さすが、貫井 上州あられの本棚【2006/04/19 19:39】

愚行録、貫井徳郎

BookDesign:岩郷重力+WONDERWARRKZ。kk。東京創元社「ミステリーズ!」vol.09-13(2005年2月-10月)掲載。ある日起こった、首都圏に住む平凡な一般市民の田向(たこう)さん一家惨殺事件について、ルポライ 粋な提案【2006/06/30 18:40】
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。