読むなび!(裏)
【読むなび!】~気分にあわせた本(小説)・DVD(映画)の検索サイト~の裏サイト。ネタバレ有の感想記です。
+読むなび!【連動】

***読みたい小説/観たい映画を
 見つける為のお探しツール***

【読むなび!】サイト内検索
by Google

※お探しのキーワード(作品/著者/役者)を入力⇒採点結果&ネタバレなしのレビューが表示
※レビュー作品650本以上

+最近の記事


**************

読むなび(裏)の書籍一覧へ

読むなび(裏)の映画一覧へ

**************

 

+過去の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

+最新コメント

+最新TB


 ドミノ・ピザ
★DVD観ながらアツアツのピザを!

+カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
SAYURI 主演:チャン・ツィイー


≪採点(読むなび!参照)≫
合計:60点 http://koroxkoro.web.fc2.com/



≪梗概≫
貧しい漁村に生まれ、9歳で花街の置屋に売られた少女千代の物語。下働きの辛さと、初桃の執拗ないじめに希望を見失いかけていた千代に、ある時、“会長”と呼ばれる立派な紳士に優しい言葉をかけられる。この一瞬の出会いが千代に芸者に対する憧れと希望をもたらした。それ以降は、芸者になって会長さんに近づきたいと夢見る千代。15歳の時、そんな千代に転機が訪れる。一流の芸者、豆葉が千代を芸者として育てたいと申し出たのだった。そして、豆葉の厳しい指導の末に千代は芸者“さゆり”となり、やがて花街一の芸者へと花開いていくのだった…。







≪テーマ0:観る前の印象は↓でした≫
チャン・ツィーが綺麗なんだろうなぁ~




≪テーマ1:物語の核(トリック、設定他)を語ります!≫
思った程、チャン・ツィーが綺麗ではなかったのが残念。普通の芸者さんっていうだけであまり存在感も感じませんでした。
↓以下、ネタバレ反転
特に、この映画の見せ場でもあるシーン(=主演を務めた舞台)でも格別美しい訳でも、迫力がある訳でもなく、なんかイマイチといった感想・・・これならよっぽど映画『LOVERS』の時の舞のほうが格段上という印象でした。そもそも、こんな生い立ちの娘(他にもいっぱいいるだろうに・・・)が、特に小さい頃の芸の練習もなしにいきなり踊れたり、他の何十、何百人もいるであろう芸者を飛び越して舞台の主役を任せられるというのもねぇ・・・第一、この街では4人しか所属していない桃井かおり事務所(?)がTOPなの?



≪テーマ2:この場面で、私は泣いた、笑った、驚いた!≫
↓以下、ネタバレ反転
火事のシーン!ぼうぼう燃え盛っている上、誰もまともに消すことができず、壊れた女が床にしゃがみ込んだまま炎に包まれたところで、シーン転換・・・と、全く火事の跡が見えない家の2階にチャン・ツィー登場!あれ?誰がどうやって消したの!このあっさりさっぱり感に、とっても、驚きました。



≪テーマ3:気になったポイントにつっこみます!≫
私が見逃しただけかもしれないけど、
↓以下、ネタバレ反転
お姉ちゃんはどこにいったの?あれだけ、前半で騒いでいたのに・・・中盤以降完全に消えてる!



≪テーマ4:登場人物に関して物申す!≫
↓以下、ネタバレ反転
少なくとも映画の最初と最後では10年以上はたっているはず!なのに・・・渡辺謙さんの姿かたちが全くもって一緒!(チャン・ツィーもだけど・・・)もう少し・・・メークを・・・謙さんの役について一言!ラストシーンはいいけど、でも、その前にあれだけいろんな芸者にも出会い、地位もある立場なんだから、結婚してるはずでしょ!



≪テーマ5:書き残したこと・・・≫
・・・と、まあ散々書きましたがちょうどいいテンポの速さとこの時代独特の雰囲気は持った映画なので、普通には観れました。もし、女の醜い争いを観たい卑屈な気分の時だったら、もっと楽しめたかな?・・・なかなか、ない気分だけど・・・
スポンサーサイト

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

▲TOP
この記事に対するコメント

TBどうもです。
・・・確かにさゆりとパンプキン以外は
全然年取ってないのが不自然でしたね。
家族に見せたら真っ先にそこ指摘されました。
劇場ではぜんぜん気にならなかったんですが・・・(おいおい)

不自然といえば、ソフトクリームのコーンにカキ氷は入れへんやろとか
日本庭園にクジャクの放し飼いはないやろとか
おもいっきり「チッチキチー」のオッチャンになってました。(笑)

芸者は「半分だけの妻」というナレーションがありましたから
会長さんは確かに千代のことがずっと好きで
足ながおじさんを買って出た上に成長を見守ってきたけど
あれは変な話浮気相手というかお酒や食事エトセトラ夜の相手を
するという意味で「旦那」にはなったが結婚はしてないと思いますよ。
【2006/07/10 16:56】 URL | Ageha #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koroxkoro.blog55.fc2.com/tb.php/37-2053bdfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SAYURI

一人の芸者のストーリー。 思ってたよりもずっといい映画でした! いやぁ、、公開時から賛否両論だったしね。 色即是空日記+α【2006/07/09 02:19】

SAYURI

監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。話は普通・・・。 Akira's VOICE【2006/07/09 11:45】

映画@SAYURI

芸者・着物・桜外国人が持つ日本のイメージはやっぱりこれだ!!でも、あまり違和感なく、美しく描かれていると思う貧しさゆえに置屋に売られてきた少女、千代家族と別れ、辛く厳しい日々が、ある日運命の出会いが。。「こんな美しい日に悲しい顔は似合わない。。」そう優しく sattyの癒しのトビラ【2006/07/09 12:16】

チャン・ツィイー

チャン・ツィイー章 子怡(チャン・ツィイー)は、中華人民共和国|中国北京出身の女優。中央戯劇学院表演科(大学本科)卒業。164cm。"ツィイー" のカタカナ表記は、中国語のピンイン "Zh?ng Z?y?" を英語読みした場合の発音(カナで なみの日記【2007/05/23 03:19】
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。