読むなび!(裏)
【読むなび!】~気分にあわせた本(小説)・DVD(映画)の検索サイト~の裏サイト。ネタバレ有の感想記です。
+読むなび!【連動】

***読みたい小説/観たい映画を
 見つける為のお探しツール***

【読むなび!】サイト内検索
by Google

※お探しのキーワード(作品/著者/役者)を入力⇒採点結果&ネタバレなしのレビューが表示
※レビュー作品650本以上

+最近の記事


**************

読むなび(裏)の書籍一覧へ

読むなび(裏)の映画一覧へ

**************

 

+過去の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

+最新コメント

+最新TB


 ドミノ・ピザ
★DVD観ながらアツアツのピザを!

+カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
異常気象売ります 著者:シドニィ・シェルダン


≪採点(読むなび!参照)≫
合計:44点 採点内訳へ



≪梗概≫
世界を襲う異常気象。フィクションなのか、ノンフィクションなのか?世界中のあちこちで同時多発的に事故死する科学者たち。極貧の中からスターの座を勝ち取る美女。美女を射留める醜悪な小男。渦巻く金欲と権力欲。シドニィ・シェルダンが久々に放つ現代の黙示緑。巨悪に立ち向かう女性二人組の運命は?ニューヨークタイムズベストセラー作品。







≪テーマ0:読む前の印象は↓でした≫
私としては数年ぶりくらいのシドニィ・シェルダン!『ゲームの達人』の頃は面白かったけど、最近のはどうだろう?




≪テーマ1:物語の核(トリック、設定他)を語ります!≫
正直期待はずれでした。上巻はそれなりに楽しめたのですが、どんどん話の勢いが失速していき、BookTwo以降ではまたか、って感じでした。ありきたりの展開で、なんのヒネリもなく、結構残念でした。
↓以下、ネタバレ反転
BookTwo以降、逃げる⇒見つかる⇒また逃げるの繰り返し。肝心の異常気象がらみのストーリーは最後にちょこっとでてきただけでしたし・・・・・・。



≪テーマ2:この場面で、私は泣いた、笑った、驚いた!≫
一番、ワクワクした場面!
↓以下、ネタバレ反転
プロローグでソニアが車で跳ねられたシーン。ここがピークでした・・・・・・



≪テーマ3:気になったポイントにつっこみます!≫
↓以下、ネタバレ反転
日本語版のタイトル間違ったんじゃ・・・・・・『異常気象を売ります』って、ネタばらしじゃないでしょうか?初めっから、わかってたから、最後まで読んでもタイトルのままじゃんという評価でした




≪テーマ4:登場人物に関して物申す!≫
下巻の登場人物たちの行動がかなりアホ過ぎて、イライラ感も。
↓以下、ネタバレ反転
KIGのオーナーが首謀者とわかったにもかかわらず、KIGの社員に連絡取ったら、捕まるのはあたりまえじゃないでしょうか?



≪テーマ5:書き残したこと・・・≫
う~ん、今回は私の持っていたシドニィ・シェルダンのイメージには遠く及ばなく残念でした。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
この記事に対するコメント
ライフスタイルプランナー
ライフスタイルプランナーとは、理想の住まいづくり、暮らし方を、入居者の希望に応じて提案する仕事 http://kaka.markjacobsesq.com/
【2008/09/09 01:43】 URL | #- [ 編集]

収納家具
収納家具を探すなら http://www.kadohan.com/100804/200166/
【2008/10/10 23:56】 URL | #- [ 編集]

大人のお洒落はジルサンダー
ジルサンダーの検索サイト。メンズ、香水、コート、ジャパン、バッグなどジルサンダーに関する各種情報をお届けしています。 http://cockade.santamonicatravelodge.com/
【2008/11/16 11:12】 URL | #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koroxkoro.blog55.fc2.com/tb.php/217-7ac245af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。