読むなび!(裏)
【読むなび!】~気分にあわせた本(小説)・DVD(映画)の検索サイト~の裏サイト。ネタバレ有の感想記です。
+読むなび!【連動】

***読みたい小説/観たい映画を
 見つける為のお探しツール***

【読むなび!】サイト内検索
by Google

※お探しのキーワード(作品/著者/役者)を入力⇒採点結果&ネタバレなしのレビューが表示
※レビュー作品650本以上

+最近の記事


**************

読むなび(裏)の書籍一覧へ

読むなび(裏)の映画一覧へ

**************

 

+過去の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

+最新コメント

+最新TB


 ドミノ・ピザ
★DVD観ながらアツアツのピザを!

+カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS 監督:本広克行


≪採点(読むなび!参照)≫
合計:82点 採点内訳へ



≪梗概≫
自分の心が、喋らずとも周りの人々に“悟られ”てしまうという、不思議な能力を持つ「サトラレ」。しかも彼らは例外なくIQ 180以上の天才である。しかし彼らは自分たちがそんな「サトラレ」だとは知らない。自分の本心が相手に筒抜けという事を知れば、精神的に耐えられなくなる。過去の哀しい事実のもとに、彼らを保護し、その能力を最大限に生かすべく、政府は特能保全委員会を設置。日本で7番目に確認された「サトラレ」である新米外科医 里見健一のもとに、特能保全委員会から小松洋子が派遣された。







≪テーマ0:観る前の印象は↓でした≫
こういうの大好きです!




≪テーマ1:物語の核(トリック、設定他)を語ります!≫
本広監督作品らしい感動作!相変わらずのうまい演出です!脇役もいい!細かい矛盾点はありましたが、「サトラレ」の世界にどっぷりはまっちゃいました。



≪テーマ2:この場面で、私は泣いた、笑った、驚いた!≫
やっぱり、
↓以下、ネタバレ反転
ラストの手術シーン&ばあちゃんへの告知後の泣くシーン!・・・・・・感動しました!・・・・・・でも、祭りの作戦もジーンときました!



≪テーマ3:気になったポイントにつっこみます!≫
↓以下、ネタバレ反転
無人島にいたサトラレ第一号の行く末は?・・・・・・この場面だけは個人的にはイマイチでした



≪テーマ4:登場人物に関して物申す!≫
里見キヨ=八千草薫がとにかくよかった!私の感動の源でした。



≪テーマ5:書き残したこと・・・≫
本広監督作品はずれなし!っていうか、本広監督作品好きならはずれなし!
スポンサーサイト
▲TOP
この記事に対するコメント

ブログ&Webサイト運営者様

「レビューda!ドットコム-Reviewda.com-」がオープンしました。
古今東西あらゆるものの評判やクチコミが集まるサイトです。
従来のブログランキングなどとは異なり、
同ブログ内の記事でも異なる記事内容であれば、
URLを「クチコミ検索」というコーナーへ個別に登録可能です。
不特定多数の方が投稿された記事を絞り込み検索して読まれますので、
記事一つ一つがご自身のブログのアクセスアップにつながります。
この機会に是非ご利用ください。

http://www.reviewda.com/

※詳しいご利用方法はサイト内の各ヘルプをご覧ください。

レビューda!ドットコム-Reviewda.com-
【2007/01/11 17:27】 URL | レビューda!ドットコム #sq4QJOk. [ 編集]

ソファ
ソファを探すなら http://www.kyoto-shagei.com/100804/205515/
【2008/09/19 04:04】 URL | #- [ 編集]

デジタルコミック
デジタルコミック http://flyhook.archiunite.net/
【2008/12/01 08:25】 URL | #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koroxkoro.blog55.fc2.com/tb.php/205-0d28d909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。