読むなび!(裏)
【読むなび!】~気分にあわせた本(小説)・DVD(映画)の検索サイト~の裏サイト。ネタバレ有の感想記です。
+読むなび!【連動】

***読みたい小説/観たい映画を
 見つける為のお探しツール***

【読むなび!】サイト内検索
by Google

※お探しのキーワード(作品/著者/役者)を入力⇒採点結果&ネタバレなしのレビューが表示
※レビュー作品650本以上

+最近の記事


**************

読むなび(裏)の書籍一覧へ

読むなび(裏)の映画一覧へ

**************

 

+過去の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

+最新コメント

+最新TB


 ドミノ・ピザ
★DVD観ながらアツアツのピザを!

+カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
UDON 主演:ユースケ・サンタマリア 監督:本広 克行


≪採点(読むなび!参照)≫
合計:87点 採点内訳へ



≪梗概≫
成功を夢見てニューヨークに渡っていた松井香助は、挫折したことにより故郷の田舎町に戻ってきた。借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に、地元の雑誌社で働く編集者の恭子が現れる。香助は恭子や地元の人々と触れ合ううちに地元の名産品である“うどん”の魅力に目覚め始める。
『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督が、日本が誇るソウルフード“うどん”を題材にしたハートウォーミングコメディー。







≪テーマ0:観る前の印象は↓でした≫
本広克行監督作品なんで期待大!・・・反面、『うどん』でしょ・・・



≪テーマ1:物語の核(トリック、設定他)を語ります!≫
いや~メチャメチャ面白かったです!『うどん』の映画と思って少しバカにしていた自分に反省!但し、この感想に至るにあたって、前日に 『サマータイムマシン・ブルース』を観たことが功を奏しました!!!ちょっとした関連小ネタもあってかなり満足!
↓以下、ネタバレ反転
河童様はじめ、ズッコケ三人組&マネジャー、そして未来人&佐々木蔵之介(黒板に向かう助手)のほぼ全員集合っぷりに感動と、大きな笑いを与えてもらいました!特に、ズッコケ三人組の登場の場面のたび、あのリアクションのたびに、クスクス笑える私がいました!



≪テーマ2:この場面で、私は泣いた、笑った、驚いた!≫
心に残った名台詞!
↓以下、ネタバレ反転
冒頭ですが、コースケ帰還時の父の『お前に食わせるうどんはない!』がとっても好きでした・・・この言葉が、私の中でのラストでの感動の布石になっていました・・・父が死んだ後の小学校の教室で見せる笑顔にかなりジーンときました!
好きなシーン!
↓以下、ネタバレ反転
キャプテンUDONのパラパラ漫画!とっても懐かしくて、しかも父の似顔絵に混じって、壁に残っていたのをコースケが発見した場面にもなんか心温まりました!もちろん、CG化した場面も、あの安っぽいところがまた私のツボでした!中盤の山場でしたね!『つづく』んかい!っていうユースケのつっこみも好きなポイントです・・・



≪テーマ3:気になったポイントにつっこみます!≫
↓以下、ネタバレ反転
ちょっと途中にドキュメンター調になったあたりは個人的に少し冷めちゃいました・・・あれはあれでお店のおばあちゃんとかそのままの雰囲気が伝わって良かったんですが、一瞬映画から現実に戻ってしまったんで・・・少し違和感が・・・



≪テーマ4:登場人物に関して物申す!≫
キャストがいいですね・・・ユースケ・小西真奈美・トータス松本のなんともいえない仲間の輪・・・ほのぼのできました!途中で、ユースケ&トータス松本でウルフルズ『バンザイ』を歌うシーンは特に胸に響きました!
↓以下、ネタバレ反転
あと、郵便屋さんとしてナンちゃんが出てきたときはちょっと『おおっ~』って思いました!



≪テーマ5:書き残したこと・・・≫
この映画を観る前に、必ず 、絶対、MUSTで『サマータイムマシン・ブルース』を観ましょう!!!これオススメ!!!Wで観れば楽しさが飛躍的にUPします!!!
あと、もちろん、鑑賞後は讃岐うどん(はなまるうどん)を食べに行きました!釜たまうどん(大)です!
※あと、第一回目の初日舞台挨拶を観たんですが、とっても面白かったです!升さんのコメントのUDONの語源が印象的&グッズもらえたんで大切に保管します&久しぶりにパンフレット買っちゃいました!
スポンサーサイト

テーマ:UDON - ジャンル:映画

▲TOP
この記事に対するコメント
こんばんは♪
私もお父さんの笑顔にはジーンときました~
笑いもありましたが、感動するシーンもあって良かったです。
ただ『サマータイムマシン・ブルース』を観てなかったのが残念でしたー後で観ます^^;
【2006/08/27 22:00】 URL | ゆかりん #- [ 編集]

はじめまして。
こんばんは、はじめまして。
「UDON」の舞台挨拶初回に行かれたんですね!
私も実写映画の舞台挨拶に生まれて初めて行きました(*^^*)
升さん、2回目では語源が少し変わってましたね!!
でもすごくコメント上手な人だなって感動してしまいました。
素敵なおみやげももらえたし、笠井アナを見れたし、
舞台挨拶って楽しいですね♪
【2006/08/28 01:58】 URL | ニコ(^-^) #Tipl/IsA [ 編集]

こんにちは
やっぱり『サマータイムマシン・ブルース』は観てから行くべきですよね!
『サマータイム~』つながりでニヤついてしまったシーンがいくつもありました。
ところで松井うどんは『サマータイム~』にも出てきたのですが?
【2006/08/28 11:33】 URL | しましま #- [ 編集]


>ゆかりんさん
良い役者さんのお芝居は観ていてとってもいいですよね。あと、これからでも遅くないんで『サマータイムマシン・ブルース』観られることオススメしますよ。
>ニコ(^-^) さん
私もフジテレビ721で観ました!1回目、2回目ともに升さんのコメントには、楽しませてもらいました!もっと固い人だと思っていただけに、升さんのイメージが大分変わりました!
> しましまさん
にやにやしますよね~!で、『サマータイムマシン』にも松井うどんでてましたよ!ギンギンの横に・・・。もう一度観られると、発見できると思いますよ!
【2006/08/29 17:17】 URL | KORO #- [ 編集]


えらく遅くなりましたが、TB&コメントありがとうございました。
サマータイムマシン、最近観たのにまた観たくなりましたw
UDONはちょっと豪華すぎて、全部チェックしきれませんでした(><;
味わいきれてない気がするぅぅ
【2006/09/05 21:36】 URL | PINOKIO #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koroxkoro.blog55.fc2.com/tb.php/144-302d6ebc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

UDON(評価:◎)

【監督】本広克行【出演】ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/升毅/片桐仁/要潤/小日向文世/木場勝己/他【公開日】2006/8.26【製作】日本【ストーリー】BIG!になるため故郷の讃岐か シネマをぶった斬りっ!!【2006/08/27 17:36】

「UDON」伝統の料理をブームに仕掛けて操作した仕掛け人の長続きしないストーリー

「UDON」は四国讃岐を舞台に、1人の売れないコメディアンが夢破れ故郷である讃岐に戻り、そこでうどんとの出会いが1つのブームを作り、やがてうどんに夢を見出すストーリーである。内容としてはうどん宣伝映画と言った方が解り易いかもしれない。 オールマイティにコメンテート【2006/08/27 17:45】

「UDON うどん」

この「UDON」を、観賞している間は、お腹が空いてたまらなくなりますよ~~(^^;一緒に見に行った嫁さんと、試写会の帰りに讃岐うどん屋さんへ行って来ちゃいましたヨ(笑) しんのすけの イッツマイライフ【2006/08/27 17:53】

イチオシ!『UDON』

FM AIR-Gの試写会。 ハガキ1枚で1名様の入場なのに 「定員オーバーで立ち見ってなんだそりゃ令」練 理想は満席なのだろうから 当選しても来ない人のことを計算しているのだろうが 試写会だからと言って立ち見で鑑賞させることに 何も感じな この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!【2006/08/27 18:11】

UDON

「UDON 」の公開初日だから、結構混んでるのかな?と思いながら、レイトショーに出かけました。昨日の「UCとしまえん 」は、いつもどおりで、それほど人は多くありませんでした。「UDON 」も、4割程度の入りだったでしょうか。あれだけ宣伝してるのに、 いいかげん社長の日記【2006/08/27 18:12】

UDON

UDON (2006年 日本)個人的お気に入り度 ★★☆☆☆かなり前から期待していたので、公開初日に見に行ってきました[:ジョギング:]ストーリーはある程度予想していた通りで、それほど印象に残る映画ではありませんでした[:汗:]しかし、香川旅行で行った時に感じた通り、うど ブログかも。【2006/08/27 18:31】

映画『UDON』

映画『UDON』を見ました。 讃岐うどんの本場・香川県で製麺所の息子として生まれた松井香助(ユースケ・サンタマリア)。父に反発して家を飛び出し、NYで成功するはずが挫折して故郷の家に舞い戻ってくる。 親友・鈴木庄介(トータス松本)の紹介で地元のタウン誌に就職 Watercolour【2006/08/27 18:38】

『UDON』

----これ『踊る』シリーズの本広克行監督の新作だよね?タイトルをわざわざローマ字にしているけど、どんなお話なの?「いやあ。これほどストーリーを説明しやすい映画もないね。いま、フォーンが想像しているとおりの内容。『『ここには夢なんかない。ただうどんがあるだけ ラムの大通り【2006/08/27 18:49】

映画「UDON」

映画館にて「UDON」麺類が好き! 特にうどんが好き! 稲庭うどんや氷見うどんのような細麺から讃岐うどんのような太い麺までどれも満遍なく大好き!『かもめ食堂』『間宮兄弟』ではソウル・フードとしてオニギリが登場していたけれど、今回はうどん!挫折してNYから帰って ミチの雑記帳【2006/08/27 19:32】

『UDON』 試写会鑑賞

成功を夢見てN.Y.に渡米していた松井香助(ユースケ・サンタマリア)は、挫折したことにより故郷の田舎町に戻ってきた。借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に、地元の雑誌社で働く編集者の恭子(小西真奈美)が現れる。香助は恭子や地元の人々と触れ合ううちに地元の名 映画な日々。読書な日々。【2006/08/27 19:41】

『UDON』・試写会

今日は公式サイトで当選した 『UDON』の完成披露試写会に行ってきた。 [上映前、スタッフとキャス しましまシネマライフ!【2006/08/27 20:49】

「 UDON 」

監督 : 本広克行 出演 : ユースケ・サンタマリア  / 小西真奈美  / トータス松本 脚本 :  公式HP : http://www.udon.vc/movie/index.html「 UDON 」900軒はあるとと言われる讃岐うどんの聖地・香川県を舞台にしたソウル・フード・エンタテインメント今 MoonD.W.goo【2006/08/27 21:29】

UDON

『UDON』公開:2006/08/26(08/26)監督:本広克行製作:亀山千広出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、片桐仁、要潤、小日向文世☆story☆讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグになると言って.. 映画鑑賞★日記・・・【2006/08/27 21:42】

UDON 観ました

UDON観てきました。(公式サイト)いつものシネコンでは一番大きなシアターでしたが、満員ではありませんでした。他のシアターでは満員なっているところもありましたので、UDONが今週末の観客動員数1位になるかはちょっ 玉露 いかがです?【2006/08/27 22:43】

観ないと、マズイ?「UDON」。

観ないと、マズイ!。というキャッチコピーの映画「UDON」が、2006年8月26 ♪さかきんぐのちょいと1言♪【2006/08/27 22:53】

映画【UDON】の気になるレビュー/物語の世界45

(C) 2006 フジテレビ ROBOT 東宝解説: 「踊る大捜査線」シリーズの名コンビ、亀山千広プロデューサーと本広克行監督が再びタッグを組み、うどんを愛する人々の心の交流を描いたエンターテインメント作。ユースケ・サンタマリアがうどんとの出会いによって人生を取り 坂崎いるか、作家への道&パートナーさがし日記【2006/08/27 23:31】

映画【UDON】の感想/なかなかいい秀作/物語の世界44

(C) 2006 フジテレビ ROBOT 東宝解説: 「踊る大捜査線」シリーズの名コンビ、亀山千広プロデューサーと本広克行監督が再びタッグを組み、うどんを愛する人々の心の交流を描いたエンターテインメント作。ユースケ・サンタマリアがうどんとの出会いによって人生を取り 坂崎いるか、作家への道&パートナーさがし日記【2006/08/27 23:33】

UDON☆独り言

実は、数年前に讃岐うどんを食べに香川まで行きました。そのときの思い出はここで思い切り語ってるんですがそーいうわけで(どーいうわけで?)結構讃岐うどんには思い入れがあったりして観てみましたよ・・・初日に『UDON』^^;;;前半は讃岐うどんブーム... 黒猫のうたた寝【2006/08/28 00:32】

感想/UDON(試写)

『踊る』の本広組が贈る痛快「食」エンタ! ユースケ主演の『UDON』。観たらゼ~ッタイうどんが食べたくなる8月26日公開!映画UDON公式サイトあわせてこんなサイトも仕掛けてます、東宝×フジ×ROBOT。うどんバラエティチャンネル讃岐うどん屋の息子・香助は、地元を捨てて APRIL FOOLS【2006/08/28 00:58】

UDON

本広克行監督、ユースケ・サンタマリア主演の映画「UDON」公開初日の今日、有楽町マリオンに観に行ってきました(^-^)/しかも朝9時45分からの初回、舞台挨拶付きの回です。おととい急に「観たいかも」と思い立って、ネットオークションで即決のチケットを落札、チケットぴ 猫の手茶房【2006/08/28 01:50】

UDON

UDON見てきました。あれだけうどんを見せられるとサスガに食べたくなります。上映中みんな一回は「うどん食いてぇ」って思ったに違いない。 ~ブームとかそういうものについて考えさせられる場面、沢山ありました。加熱しすぎると言ってること変な人とか、やっ 部屋とサクサクと私【2006/08/28 06:44】

〈映画〉UDON

 BIG!になるため讃岐からNYへ飛び出した松井香助。しかし夢半ばで挫折し、借金を背負っての凱旋?帰国。 あたたかい仲間に歓迎されるも、頑固な父親は「何しに帰ってきた!」と一喝。 とりあえず借金を返すため、親友・庄介の紹介でタウン誌で働く事に。 香助のアイデア Crescent Moon【2006/08/28 08:57】

「UDON(うどん)」レビュー

「UDON(うどん)」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、片桐仁、要潤、小日向文世、木場勝己、他 *制作:亀山千広 *監督:本広克行 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事 映画レビュー トラックバックセンター【2006/08/28 09:25】

UDON

映画UDONを公開初日早速みてきました。ユースケサンタマリアさん、小西真奈美さんほか出演。これから観る人へ。2つアドバイス。その1.映画を観る前に食事していくのではなく、映画を見てから食べるべしその2.劇場近くのおいしそうなおうどんやさんを映画を観る前にチェ ぽちあるき【2006/08/30 00:49】
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。