読むなび!(裏)
【読むなび!】~気分にあわせた本(小説)・DVD(映画)の検索サイト~の裏サイト。ネタバレ有の感想記です。
+読むなび!【連動】

***読みたい小説/観たい映画を
 見つける為のお探しツール***

【読むなび!】サイト内検索
by Google

※お探しのキーワード(作品/著者/役者)を入力⇒採点結果&ネタバレなしのレビューが表示
※レビュー作品650本以上

+最近の記事


**************

読むなび(裏)の書籍一覧へ

読むなび(裏)の映画一覧へ

**************

 

+過去の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

+最新コメント

+最新TB


 ドミノ・ピザ
★DVD観ながらアツアツのピザを!

+カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術 著者:泡坂 妻夫


≪採点(読むなび!参照)≫
合計:68点 採点内訳へ



≪梗概≫
二代目教祖の継承問題で揺れる巨大な宗教団体“惟霊講会”。超能力を見込まれて信者の失踪事件を追うヨギガンジーは、布教のための小冊子「しあわせの書」に出会った。41字詰15行組みの何の変哲もない文庫サイズのその本には、実はある者の怪しげな企みが隠されていたのだ―。マジシャンでもある著者が、この文庫本で試みた驚くべき企てを、どうか未読の方には明かさないでください。







≪テーマ0:読む前の印象は↓でした≫
知人にマジックを見せられました。どうしても、謎が解けませんでした。悔しかったら、『読んでみな』と言われたので、しぶしぶ読みました。




≪テーマ1:物語の核(トリック、設定他)を語ります!≫
本編は昔ながらのミステリで大したことはありませんでした。内容としてはドラマシリーズ『トリック』(主演:仲間由紀恵、阿部寛)をさらにB級にした感じ。言いたい文句やつっこみどころもたっぷり・・・が、読了後、感動しました!この本を創った作者に尊敬の念を覚えました!ネタバレは絶対にしてはいけない本だと思いました!教えてくれた知人に感謝・・・そして、早速私も・・・



≪テーマ2:この場面で、私は泣いた、笑った、驚いた!≫
この本の存在に感動!



≪テーマ3:気になったポイントにつっこみます!≫
迷探偵ではなかったけど・・・



≪テーマ4:登場人物に関して物申す!≫
ヨギガンジーってキャラはどうかと・・・



≪テーマ5:書き残したこと・・・≫
古い本ですが、マジックとかトリックが好きなで未読の方は是非!
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
この記事に対するコメント

はじめまして。すかいらいたあと申します。
トラックバックありがとうございました。

この本はトリックのすごさというよりも、本に仕掛けられた遊び心が素敵ですよね。その遊び心を実践するためにどれほど苦労があったかは分かりませんけど(笑)

そういう点で、筒井康隆の『残像に口紅を』に近い感じがあると思います。
小説はあまり読んでいないので、面白そうな本を求めてお邪魔したいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
【2006/08/18 22:56】 URL | すかいらいたあ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/07/31 18:43】 | # [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koroxkoro.blog55.fc2.com/tb.php/138-522b3c0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

しあわせの書

しあわせの書―迷探偵ヨギガンジーの心霊術作者: 泡坂 妻夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1987/07 メディア: 文庫トリックだけがズバ抜けている...と言ってもそれは思いもよらないトリックを編み出したという意味じゃなく、たとえ思い付いても誰も実行しようとしな いもむし【2006/08/18 05:38】

119冊目 しあわせの書

しあわせの書泡坂 妻夫著新潮社 (1987.7)評価:☆☆☆☆☆ 泡坂妻夫がまたすごい小説を書いてくれたものだ。私が初めて読んだ氏の小説は『生者と死者』で、これは16ページごとに綴じ込みがしてあり、綴じ込みをそのままに読 無秩序と混沌の趣味がモロバレ書評集【2006/08/18 22:50】
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。