読むなび!(裏)
【読むなび!】~気分にあわせた本(小説)・DVD(映画)の検索サイト~の裏サイト。ネタバレ有の感想記です。
+読むなび!【連動】

***読みたい小説/観たい映画を
 見つける為のお探しツール***

【読むなび!】サイト内検索
by Google

※お探しのキーワード(作品/著者/役者)を入力⇒採点結果&ネタバレなしのレビューが表示
※レビュー作品650本以上

+最近の記事


**************

読むなび(裏)の書籍一覧へ

読むなび(裏)の映画一覧へ

**************

 

+過去の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

+最新コメント

+最新TB


 ドミノ・ピザ
★DVD観ながらアツアツのピザを!

+カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
川に死体のある風景 著者:歌野 晶午他アンソロジー


≪採点(読むなび!参照)≫
合計:47点 採点内訳へ



≪梗概≫
六つの川面に浮かぶ死体、描かれる風景。実力派作家6名が「川と死体」を題材に競い合う!美しく、トリッキーなミステリ・アンソロジー。各著者のあとがきエッセイ付き。
【目次】
玉川上死(歌野晶午)/水底の連鎖(黒田研二)/捜索者(大倉崇裕)/この世でいちばん珍しい水死人(佳多山大地)/悪霊憑き(綾辻行人)/桜川のオフィーリア(有栖川有栖)







≪テーマ0:読む前の印象は↓でした≫
アンソロジーうち4人の著者が好きな私・・・斬新なオチのあるド本格ミステリを期待!このメンツで外れることはないはず!



≪テーマ1:物語の核(トリック、設定他)を語ります!≫
玉川上死(歌野晶午)以外は・・・でした。斬新さとインパクトが薄い作品でまとまった感じで期待していたところは真逆でした・・・
それぞれ一言。
玉川上死(歌野晶午):やりたいことがわかっちゃいましたが、それでも楽しく読めました!
水底の連鎖(黒田研二):黒田研二作品らしい、キャラと展開&結末・・・でも、インパクトが・・・。
捜索者(大倉崇裕):川じゃなくて山の話です!!趣旨から外れている上に、ちょっと古臭い物語でイマイチ。
この世でいちばん珍しい水死人(佳多山大地):文体が合わなかったので、読みづらかった・・・物語としては面白いような気もしましたが・・・
悪霊憑き(綾辻行人):ホラーです!嫌いじゃないけど、従来の迫力が感じられなかった・・・イチ、ファンとして悲しい・・・
桜川のオフィーリア(有栖川有栖):良いんですが、なんかしっくりきませんでした。



≪テーマ2:この場面で、私は泣いた、笑った、驚いた!≫
とても残念に思ったこと・・・綾辻行人あとがき『書かれなかった川ミス』
↓以下、ネタバレ反転
このアンソロジーを題材にしたミステリ!コレが読みたかった!!著者が書くこの手の作品は絶対に面白かったはず!!!



≪テーマ3:気になったポイントにつっこみます!≫
桜川のオフィーリア(有栖川有栖)
↓以下、ネタバレ反転
石黒がデスマスクの写真を見つけた経緯・・・さすがに、デスマスクの写真をご丁寧にファイルにいれてとっておかないでしょ!短編とはいえ、ご都合主義すぎ・・・しかも、押入れの奥にしまってあるだけって・・・しかも、友人にそんなものが置いてある自宅の鍵を渡して荷物をとってきてもらうなんて・・・



≪テーマ4:登場人物に関して物申す!≫
悪霊憑き(綾辻行人)
↓以下、ネタバレ反転
肝心の悪霊の名前をいくら伏字にするとはいえ『*****』と『*******』はないでしょ!ただ単に*の数を5個と7個で分けただけじゃん・・・読みにくかった・・・せめて、違う記号にするなり、違う当て字にするなり、考えて欲しかった



≪テーマ5:書き残したこと・・・≫
やっぱり、『川に死体のある風景』しかも、短編で、序盤に死体を登場させる制約をつけると、これ以上の出来は望めないのでしょうか・・・
スポンサーサイト

テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

▲TOP
この記事に対するコメント
こんにちわ!
コメント&TBありがとうございます!
歌野晶午氏の作品が、言いだしっぺだけあって一番まとまっていたと思います。他の作品は確かにインパクト薄いですよね。「捜索者」結構好きなのですが、あれは間違いなく山に死体のある風景ですよね…。
綾辻氏の作品、いつかどこかで作品化して欲しいものです!
【2006/07/29 19:14】 URL | まじょ。 #0HMKsla6 [ 編集]

TBありがとうございます。
TBありがとうございます。

本編も中々ですが、やっぱり
綾辻先生の「書かれなかった川ミス」の方が
気になりますね。
なんとか形にしてほしいです。
【2006/07/29 21:54】 URL | aoi-yuki #baR76u9c [ 編集]


>まじょ。さん
「捜索者」も推理小説としては王道なのですが、私自身王道があまり好きではないので・・・
>aoi-yukiさん
綾辻先生の「書かれなかった川ミス」がやっぱり気になりますよね・・・
【2006/07/29 22:30】 URL | KORO #- [ 編集]


はじめまして。TBありがとうございました。
わたしも期待はずれ感がありました。期待かけすぎちゃった自分も悪いんでしょうが。川に死体がある風景って,書きやすそうで書きにくいテーマなのかもですね。
【2006/07/30 11:34】 URL | まみみっくす #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://koroxkoro.blog55.fc2.com/tb.php/126-6856e4e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『川に死体のある風景』

川に死体のある風景 著者:綾辻 行人,有栖川 有栖,歌野 晶午,大倉 崇裕,佳 まじょ。のミステリブロ愚【2006/07/29 19:14】

「川に死体のある風景」 歌野晶午ほか

川に死体のある風景posted with 簡単リンクくん at 2006. 6.28歌野 晶午著 / 黒田 研二著 / 大倉 崇裕著 / 佳多山 大地著 / 綾辻 行人著 / 有栖川 有栖著 / e‐NOVELS編東京創元社 (2006.5)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る 今日何読んだ?どうだった??【2006/07/30 11:33】
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。